ここから本文です

【MLB】イチローの記念すべき3000安打はシングルヒット? 米経済紙が大胆予想

Full-Count 8月5日(金)22時23分配信

3000安打達成者の中で単打率は圧倒トップの81.5パーセント

 メジャー通算3000安打まで残り2本となってから、やや足踏みをしているマーリンズのイチロー外野手だが、その偉大なる功績に日米メディアが注目し、さまざまな特集記事を展開している。米有名紙「ウォールストリート・ジャーナル」電子版では、経済紙にふさわしく数字を使って背番号51を検証。記念すべき3000本目の安打は「ほぼ確実にシングルヒットである」と大胆予想をしている。

MLBの歴史に名を残すイチロー…MLB歴代通算安打&盗塁数ベスト50、イチロー年度別成績

 快足を生かした内野安打が多いことで知られるイチローだが、記事によれば、現在の2998安打のうち「内野外に飛んだ安打は2320本」だとしている。つまり、678安打は内野安打ということになる。さらに、2998安打のうち、実に2443安打がシングルヒットで、割合にして81.5パーセント。これまで3000安打を達成した29人と比べても、断トツに単打率が高いそうだ。言い換えれば、イチローがヒットを打った場合、その打球が単打になる可能性が81.5パーセントということで、3000安打目もシングルヒットになる可能性が圧倒的に高い、という試算になるようだ。

 内野安打に特化して見ると、スタッツLLCがデータを収集し始めた1987年以降、イチローの内野安打数は圧倒的に多く、2位以下の打者に148本差をつけているという。これもまた、イチローという打者を特徴付ける興味深いデータと言えそうだ。

Aロッドの単打率は59.1パーセント、そして3000安打目はライトへのソロ弾

 また、イチローは3000安打達成者の誰よりも打点が少なく(750打点)、113本塁打という数字も圧倒的に少ないという。記事によれば、背番号51よりも本塁打数が少ない選手は数人いるが、例えば、キャリアで47本塁打しか記録しなかったエディ・コリンズの場合、ボールが飛ばない“デッドボール時代”にあたる1906~1930年に現役生活を送ったため、当時は12本で本塁打王になれるなど、今とは少し状況が違っていたという。

 今季のイチローを見ても、シングルヒットが多いという傾向は変わっていないようだ。控え選手であるが、今季はまだホームランは打っておらず、90打席以上立った打者の中で、二塁打がイチローより少ない選手(9本)はわずが4人との数字も紹介されており、ここでもやはり長打より単打を期待するべきことが、データにより裏打ちされている。

 ちなみに、イチローの他に現役で唯一3000安打に達しているアレックス・ロドリゲス(ヤンキース)はシングルヒットの割合がわずか59.1パーセントで、3000安打達成者の中で最も低い数字だとか。昨年6月19日に金字塔に達したAロッドは、その記念すべき打席はライトへのソロ本塁打で飾っている。やはり、積み上げられたデータには信憑性がありそうだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月5日(金)22時34分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]