ここから本文です

DECAYS、ドリーミュージックよりメジャーデビュー決定!アルバム発売&ツアーも決定!

E-TALENTBANK 8月5日(金)19時17分配信

DIR EN GREYのDie(Vocal & Guitar)と音楽プロデューサーでありMOON CHILDのメンバーでもある樫山 圭(Drums)を中心としたユニット、DECAYS(ディケイズ)が2016年12月にドリーミュージックよりメジャー第1弾として1stフルアルバムをリリースし、その発売を記念して東名阪のワンマンツアーを行うことを昨夜8月4日、新宿ReNYにて開催されたワンマンライブ「Elimination, Refuse, Ornamental Show」にて発表し、新ヴィジュアルも解禁された。

今年4月に開催された東名阪ツアー「TOUR2016 PINK=FLORID」から、女優活動も著しい中村 中(Vocal & Guitar/テイチクエンタテインメント)とSONY XperiaのCMに登場し注目を集めているAyasa(Violin)を迎えた新体制でライブ活動を行なってきた彼らだが、今回のワンマンライブでは、新たに新世代ジャパニーズ・メタルの注目株、TORNADO-GRENADEの寺沢 リョータ(Bass)が初起用された。

Die、樫山 圭、中村 中、Ayasa、寺沢 リョータ、チドニーの6人編成によるライブは、序盤から激しく化学反応を起こし、昨年12月にリリースされた1stミニアルバム『Red or Maryam』の収録曲も中村 中が力強く歌いながらギターをかき鳴らし、Ayasaの情熱的なヴァイオリンの旋律、寺沢 リョータの指弾きによるグルーヴが加わることによって、新たな曲へと生まれ変わっていく。

樫山 圭は以前「ダンス×デジタル×シューゲイザーを軸にどちらかと言えばハッピー感のあるロック」とDECAYSの音楽性を語っていたが、さらにカテゴライズ不能なDECAYSならではのバンドサウンドへと変貌を遂げていた。

DieもMCで「DECAYSはもっと変化、進化していく」と語っていたが、強力なメンバー編成となったDECAYSがメジャー1stフルアルバムでどんな音を鳴らすのか。今までにパッケージされたことのない未知かつ予測不能なサウンドに期待しながら、続報を待とう。

DECAYS 1st FULL ALBUM
2016.12 RELEASE

DECAYS ONEMAN TOUR
2016.12.27(火) 大阪・OSAKA MUSE
2016.12.28(水) 愛知・ell.FITS ALL
2017.01.04(水) 東京・赤坂BLITZ

※リリース及びツアーの詳細は後日発表致します。

DECAYS 1st Mini Album『Red or Maryam』
NOW ON SALE
【完全生産限定盤】USBメモリー FWR-080 ¥8,000+税
Manufactured & Distributed by FWD Inc.

株式会社イータレントバンク

最終更新:8月5日(金)19時17分

E-TALENTBANK