ここから本文です

映画館での夏フェス『シネ・ロック・フェスティバル2016』連日大入りにつきアンコール上映決定!

Billboard Japan 8月5日(金)15時45分配信

 7月23日から8月5日までの2週間に渡ってライヴ映像、ロックな映画、ドキュメンタリー映画など22本の作品が映画館で楽しめる”音楽映画”の夏フェス『シネ・ロック・フェスティバル2016』は連日大入りにつき、急遽8月13日から26日までのアンコール上映が決定した。

 アンコール上映は全14回を予定しており、作品は『シネ・ロック・フェスティバル2016』にて、世界に先駆け日本で公開されている、2009年7月24日のフジロックフェスティバル初日、グリーン・ステージのヘッドライナーを務めたオアシスのライヴ映像『oasis FUJI ROCK FESTIVAL’09』が上映される。

 オアシスは、このフジロックフェスティバルの約1カ月後にノエル・ギャラガーが脱退を表明し、バンドはその活動にピリオドを打った。そのため、ノエルとリアムのギャラガー兄弟が揃ってステージに立つ日本における最後の貴重なライブ映像となっている。

◎シネ・ロック・フェスティバル2016 アンコール上映
上演作品:『oasis FUJI ROCK FESTIVAL’09』
公開劇場:丸の内ピカデリー
上映日:2016年8月13日(土)~8月26日(金)1日1回限定上映
料金:入場券2,500円(税込)※全席指定・日時指定
チケット:丸の内ピカデリー劇場窓口及び、公式サイトにて発売予定
詳細は決定次第、丸の内ピカデリー公式サイトにて発表:http://www.smt-cinema.com/site/marunouchi/
上映時間: 約100分
配給:ローソンHMVエンタテイメント、カルチャヴィル
協力:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル、SMASH
公式サイト:www.cinerockfes.com

最終更新:8月5日(金)15時45分

Billboard Japan