ここから本文です

加藤ミリヤ ツアー【DRAMATIC LIBERTY】ファイナル公演でニューシングルのリリース発表

Billboard Japan 8月5日(金)15時45分配信

 加藤ミリヤが、2016年3月にリリースしたニューアルバム『LIBERTY』を携え、4月から行っていた全国22都市24公演に及ぶツアー【DRAMATIC LIBERTY tour 2016】。そのファイナル公演を8月4日にさいたまスーパーアリーナで開催し、ニューシングルを10月19日にリリースすると発表した。

ツアー【DRAMATIC LIBERTY】写真

 当日、オープニング映像が終わると共に巨大LEDバックパネルが開き、煌びやかなピンクの光を纏った加藤ミリヤとダンサー7人は、ピラミッド型のセットに乗って登場。ニューアルバム収録曲「WANNA BE」でライブを開幕すると、続けてヒットソング「ディア ロンリーガール」のREMIX Ver.を披露。「Lonely Hearts」ではスペシャルゲスト・東京ゲゲゲイと加藤ミリヤがセンターステージに登場し、トラックとダンスを見事にシンクロさせた。

 衣装を変え、次は巨大なユニコーンのセットに乗って登場。「This is my party」では歌詞の表現として、ダンサーと共にボクシングのパフォーマンスを見せると、次は加藤ミリヤ一人で「うたかたの日々」「Never Call Me Again」などを圧巻の歌唱力で歌い上げ、ステージを離れた。Interlude(幕間)では、印象的に組み合わせた過去のPVをLEDバックパネルに投影し、ダンス、演出、ライトニングの3つの要素を融合させることで、ファイナルに相応しい空間を創出していた。

 ライブ中盤「H.I.K.A.R.I」では天国への階段をモチーフにしたステージセットで登場。この曲では加藤ミリヤがアコースティックギターを披露し、希望に満ち溢れたパフォーマンスを展開。「女神の光」ではMIKEYこと牧宗孝がセンターステージに現れ、加藤ミリヤと共に歌い上げると、今度は東京ゲゲゲイによるステージパフォーマンス。メインステージに移ると「Want You Back」「Love is...」を歌い上げた。

 「CLIMAX」の楽曲に乗せた映像を終えると、黒いドレスに大きな花冠を携えた衣装でセンターステージに登場し、「少年少女」「リップスティック」と続いた。MCなしで17曲を歌い上げていたミリヤは、ここで初めて「このツアーは掴み取った自由をテーマにしています。未だかつてない自由をステージで表現したかったの。人生をドラマティックに伝えたい。例え辛いことや苦しいことがあったとしてもそれをドラマチックにしようというのがこのツアーなんです」とオーディエンスに投げかけた。

 そして大ヒットソング「今夜はブギー・バック」を披露。サンバ・ヴァージョンとしてリミックスされた「HEART BEAT」では、ダンサー7人と共にセンターステージ上でダンサブルなパフォーマンスを行った。加藤ミリヤは「最後の曲です!!」と叫んでから「ピース オブ ケイク―愛を叫ぼう―」を披露すると、ステージを後にした。

 アンコールではダンサー7人と共に登場し「FUTURE LOVER-未来恋人-」をパフォーマンス。センターステージに移動しファンと視線を交わしながら手を振ながら曲を終えると「今日は楽しんでくれてありがとう! みんな大満足だね!最高の夜だよ!! ありがとう!!」と全ての人々に感謝を述べ、そのステージを締めくくった。

※ツアーは発表した当初は23都市25公演だったが、熊本公演は震災により中止となり、本ツアーは22都市24公演となった。



◎ツアー【DRAMATIC LIBERTY tour 2016】
<ファイナル公演8月4日(木)さいたまスーパーアリーナ>
01.WANNA BE
02.ディア ロンリーガール
03.I miss you
04.FASHION
05.Lonely Hearts
06.LIBERTY
07.This is my party
08.LOVE/AFFECTION
09.うたかたの日々
10.Never Call Me Again
11.H.I.K.A.R.I.
12.女神の光
13.天国のドア
14.Want You Back
15.Love is...
16.少年少女
17.リップスティック
18.今夜はブギー・バック
19.HIGHER
20.HEART BEAT
21.ピースオブケイクー愛を叫ぼうー
EN1.FUTURE LOVER-未来恋人-

◎ニューシングル
2016/10/19 RELEASE
[初回生産限定盤(CD+DVD)]SRCL-9188~9189 / 1,574円+税/
[初回仕様限定/通常盤(CD)]SRCL-9190 / 1,204円+税

最終更新:8月5日(金)15時45分

Billboard Japan

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。