ここから本文です

ビヨンセのバルセロナ公演でスペイン語ver.の曲を会場が大合唱

Billboard Japan 8月5日(金)15時45分配信

 オーディエンスの心をつかむ方法を心得ているビヨンセが8月3日、スペインでの公演でスペシャルな贈り物をし現地ファンを喜ばせた。

 ビヨンセは現在敢行中の【フォーメーション・ワールド・ツアー】バルセロナ公演にて、2006年リリースのアルバム『B'DAY』に収録された「イレプレイスブル」をスペイン語バージョンの「Irreemplazable」で披露した。当然ながら会場のオーディエンスはこれに大興奮。その時の様子を映した映像が同ツアーの公式ツイッター・アカウントでシェアされている。

 同映像をみると分かるが、会場となったエスタディ・オリンピック・リュイス・コンパニスは大合唱に包まれたようだ。会場のファン全員が一語一語間違える事なく一緒に歌っている様子が確認できる。

 「Irreemplazable」は、2007年にリリースされた『B'DAY デラックス・エディション』の北米盤に付いていた同名のボーナス・ディスクに収録されている。



◎Formation World Tourツイッター・アカウント:"Irreemplazable" tonight in Barcelona
https://twitter.com/FormationWT/status/761004137890783232

最終更新:8月5日(金)15時45分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。