ここから本文です

パニック!アット・ザ・ディスコが「ボヘミアン・ラプソディ」スタジオver.を公開

Billboard Japan 8月5日(金)15時45分配信

 パニック!アット・ザ・ディスコは何年もの間、コンサートでクイーンの名曲「ボヘミアン・ラプソディ」をカバーしてきたが、今年6月に発表された映画『スーサイド・スクワッド』サウンドトラックの収録曲リストでは、そのスタジオ・バージョンが提供されることが明らかになっていた。そして8月4日、ついに同曲がApple Musicのラジオステーション、Beats 1のZane Loweの番組で公開された。

 『スーサイド・スクワッド・サウンドトラック(Suicide Squad: The Album)』は外盤が現地時間5日にリリース(日本盤は24日)され、デヴィッド・エアー監督による映画の方も同じ日に全米で公開(日本公開は9月10日)される。

 なお、パニック!アット・ザ・ディスコがここ数年、ライブのセットリストに組み込んでいるのは「ボヘミアン・ラプソディ」だけではない。「Positive Hardcore」も近々、しゃれたサウンドトラックに収録されることを期待したい。



◎World Record: Panic! At the Disco - "Bohemian Rhapsody"
https://itunes.apple.com/us/post/idsa.12a72435-5a61-11e6-961e-b2f5550ee5d4

最終更新:8月5日(金)15時45分

Billboard Japan

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。