ここから本文です

『スター・ウォーズ』TVドラマ化計画、ルーカスフィルムと協議中 米ABC局が認める

クランクイン! 8/5(金) 11:33配信

 ジョージ・ルーカスが放ったSF映画の金字塔『スター・ウォーズ』シリーズ。ルーカスが2005年頃に『スター・ウォーズ』のテレビシリーズ化を構想し頓挫したが、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)を機に同シリーズの新章が始まり、再度テレビシリーズ化企画が動き出しそうな気配を見せているようだ。

【関連】映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』フォトギャラリー


 The Wrapによると、ルーカスフィルムを買収した米ディズニー傘下の米ABC局のチャニング・ダンジー氏が、米テレビ批評家協会の夏のプレスツアーにて『スター・ウォーズ』シリーズのTVドラマ化を前向きに検討している意思を示したという。

 ダンジー氏は「ファンとして、もちろん(ドラマ化に)“イエス”と言いたい」と語り、(ルーカスフィルムと)協議したのは事実で、今後も先方と話し合っていくつもりです。『スター・ウォーズ』ブランドを当方のチャンネルへ広められることができたら素晴らしいですね」とドラマ化を検討していることを明かした。

 協議の度合いやドラマ化の形態が実写なのか、アニメなのかなどといった詳細については、話さずじまいだったそうだ。ダンジー氏いわく、ルーカスフィルムの秘密主義はマーベルの比ではないという。現時点で何の予定もたっていないとのことだ。

 ディズニーが2012年にルーカスフィルムを買収した際にも『スター・ウォーズ』シリーズのドラマ化の話は浮上したが、今度は実現に向けて動き出すのか。テレビシリーズではアニメ『スター・ウォーズ 反乱者たち』や『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』があり、実写版は実現していない。

最終更新:8/5(金) 11:33

クランクイン!