ここから本文です

中川大志、山崎賢人とスーツ姿の2ショット披露「らぶけんと」

クランクイン! 8月5日(金)17時15分配信

 俳優の中川大志が、月9ドラマ『好きな人がいること』に出演中の山崎賢人とのツーショットを4日、ブログで公開した。共演する映画『四月は君の嘘』(9月10日公開)の完成披露試写会の際のオフショットのようで、スーツできめた2人の姿にファンから反響が起こった。

【関連】『四月は君の嘘』完成披露試写会<フォトギャラリー>


 『四月は君の嘘』で山崎は、母の死をきっかけにピアノが弾けなくなってしまったピアニスト・有馬公生を演じ、中川は公生の幼なじみ・渡亮太役を務める。本作で描かれるのは、さまざまな人に背中を押され、公生が再び音楽の道に舞い戻っていくストーリーだ。

 この日、中川は朝から映画の取材に答え続け、夜は完成披露会に出席。「なんだかずっと先だと思ってたのにあっという間にこの日が来て、早いね~て皆んなと話してました」と共演者との会話を明かし「昨日が1番最初に観てくれたお客様。映画どうだったかな。それが凄く気になります」と心境を綴った。写真には「らぶけんと」とのキャプションが添えられている。

 コメント欄には、「きのう試写会行きました!君嘘では3回以上泣きました」「とっても素敵な映画でした。たくさんの名言、ちゃんと覚えてます」「4人のキャラクターがぜんぜん違って、みんながお互いを引き立てあってました!」など試写会に行ったファンからの感想が寄せられた。

最終更新:8月5日(金)17時15分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。