ここから本文です

熱いぜ女子野球 学童野球・アルペンガールズ富山 中高生チーム・ビーンズ

北日本新聞 8月5日(金)0時29分配信

■あす6日から東京で全国大会

 野球女子も夏本番-。県内の学童野球の女子選手が集まった「アルペンガールズ富山」(中野良美監督)と女子軟式野球の中高生チーム「BEENS(ビーンズ)」(松岡泰史監督)はそれぞれ、6日に東京で開幕する全国大会に出場する。メンバーは「甲子園よりも熱気のある試合をしたい」と意気込んでいる。(社会部・船木悠平)

 アルペンガールズ富山は昨年、NPB(日本野球機構)と全日本軟式野球連盟が主催する「NPBガールズトーナメント」に出場し、初優勝した。前回大会で計58得点した打撃力は健在で、練習では快音を響かせている。中村朱里主将(11)=富山市呉羽小6年=は「チームワークの良さを武器に連覇する」と話す。

 ビーンズは全日本女子軟式野球連盟主催の全日本学生選手権中高生の部に挑む。チームは6月下旬に新潟であった女子野球の悠久山大会で準優勝しており、堅守からリズムをつくる野球に手応えを感じている。朝倉みなみ主将(18)=南砺福光高3年=は「守備力の高さを生かして初優勝する。夏の甲子園よりも」と力強く語った。

 アルペンガールズ富山は7日に沖縄ガールズ(沖縄)と、ビーンズは同日、福島ピーチガールズ(福島)と初戦に臨む。

北日本新聞社

最終更新:8月5日(金)0時29分

北日本新聞