ここから本文です

県若鳶会が「木遣り」「梯子乗り」実演 高岡・サマーフェスのむら

北日本新聞 8月5日(金)0時39分配信

 第65回北日本新聞納涼花火高岡会場に合わせ、恒例行事の「サマーフェスティバル2016のむら」が4日、高岡市の庄川河川敷で行われた。とび職人によるショーなど、多彩な催しで来場者を楽しませた。

 県若鳶(とび)会(利根川慎一会長)のとび職人17人は「木遣(や)り」を披露。纏(まとい)を振りながら勇壮な歌声を響かせた後、「梯子(はしご)乗り」を実演した。梯子の頂上でポーズを決めると、観客から拍手が湧き起こった。ジャンボ縄跳び大会や、豪華景品が当たる抽選番号付きうちわの配布もあった。のむら商工振興会(塩谷雄一会長)が創立30周年記念として開いた。北日本新聞社共催。

 【ジャンボ縄跳び大会】(1)三女子(2)蓮花寺西部A(3)蓮花寺中部A
 【うちわの当選番号】▽1等=A組001303▽2等=B組001303▽3等=A、B組共通下3桁303▽のむら商工振興会創立30周年特別賞=A、B組共通000030(景品の引き換えは北陸銀行野村支店、9月5日まで)

北日本新聞社

最終更新:8月5日(金)8時30分

北日本新聞