ここから本文です

神輿と曳山、港町活気 金沢市の大野湊神社で夏季大祭

北國新聞社 8/5(金) 16:21配信

 5日の石川県内は高気圧に覆われて晴れ、正午までの最高気温は金沢33・0度、輪島30・2度など10観測地点で真夏日となった。

 金沢市の大野湊神社では、市無形民俗文化財の夏季大祭が3日間の日程で始まり、神輿(みこし)や曳山(ひきやま)の行列が港町を熱気で包んだ。

 男衆に担がれて神社を出発した神輿2基は、木遣(きや)り唄の「ヤットコセー、ヨーイヤラー」の響きに乗って町を練り、出発から1時間半後、約2キロ離れた日和山仮殿に到着した。

 6日は海上で安全祈願祭が営まれ、7日は神社に戻す神輿還幸(かんこう)行列が行われる。

北國新聞社

最終更新:8/5(金) 16:21

北國新聞社