ここから本文です

黄金岩ガキ「大きい」 金沢駅で殻展示

北國新聞社 8/5(金) 16:21配信

 能登半島広域観光協会は5日、JR金沢駅構内の観光案内所「能登デスク」に、珠洲市産の貴重な「黄金岩ガキ」など天然岩ガキのPRコーナーを設置し、最盛期を迎えている能登の味覚を発信した。

 黄金岩ガキの殻3個と、天然岩ガキの殻80個が展示された。黄金岩ガキは、海中で太陽光を浴びて金色に輝くのが特徴という。

 身は大ぶりで、生やバター焼で味わわれる。家族連れらは、長さ20センチを超える殻に触れ「大きい」などと笑顔を見せた。

 珠洲市のイベントのチラシやポスターも設置された。展示は20日まで。

北國新聞社

最終更新:8/5(金) 16:21

北國新聞社

なぜ今? 首相主導の働き方改革