ここから本文です

1人退場の南アを攻略できず…開催国ブラジル、五輪初戦は引き分け

SOCCER KING 8月5日(金)7時13分配信

 リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ第1節が4日に行われ、グループAでは開催国であるブラジル代表と南アフリカ代表が対戦した。

 6月に開催されたコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016への出場を見送り、オーバーエイジ選手枠でFWネイマール(バルセロナ)を招集したブラジル。同国史上初の金メダル獲得を目指す“本気度”を示し、準備を進めてきた。大会初戦の先発メンバーにはネイマールのほか、オーバーエイジ選出のMFレナト・アウグスト(北京国安)やDFマルキーニョス(パリ・サンジェルマン)、FWガブリエウ・バルボーザ(サントス)、FWガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・C加入決定)らが名を連ねた。

 開始3分、ブラジルはハーフウェーライン付近でボールを奪われてカウンターを許し、最終ラインの背後へスルーパスを通されてピンチを迎えたが、GKウェヴェルトンが飛び出してシュートを阻んだ。

 ブラジルは16分、最終ラインの背後へ浮き球を通したが、ジェズスには通らず。28分にはネイマールがペナルティーエリア左手前でボールを持ち、ドリブルから強烈なミドルシュート。枠を捉えたが、相手GKの好守に阻まれてゴールネットを揺らすことができなかった。

 30分以降は互いに積極的に攻撃を仕掛け合い、34分には南アフリカのキーガン・ドリーが強烈な左足シュートでゴールを脅かしたものの、わずかに枠の右へ。ブラジルも36分、左サイドからのクロスをクリアされたところにフェリペ・アンデルソンが反応してダイレクトでシュートを放ったが、わずかに枠を逸れた。さらに、ネイマールがペナルティーエリア手前から強烈なミドルシュートを放った場面では、相手GKの好セーブが得点を阻んだ。

 両チームとも均衡を破ることができず、0-0で前半が終了。後半開始早々の48分、南アフリカのドリーが左サイド深くからシュートを放ったが、枠の右へ。いきなりチャンスを作り出してみせた。

 しかし59分、南アフリカはモティーバ・ムヴァーロが2枚目のイエローカードを受けて退場に。残り30分強の時点で、ブラジルが数的優位に立った。

 ブラジルは10人になった相手に攻勢をかけ、68分にはルアンがペナルティーエリア左側から右足アウトサイドでスルーパスを通す。ファーサイドで反応したジェズスが無人のゴールへシュートを放ったが、ボールは右ポストを直撃。決定機を活かすことができなかった。

 ブラジルはラフィーニャやウィリアムを投入して打開を図り、ゴールを目指したが、終盤は焦りも見せて均衡を破るには至らない。結局、最後までゴールネットを揺らすことはできなかった。試合は0-0で終了。ブラジルは10人の南アフリカを攻略できず、スコアレスドローで勝ち点1を得るにとどまった。

 ブラジルは次節、7日にイラクと対戦。南アフリカは同日、デンマークと対戦する。

【スコア】
ブラジル代表 0-0 南アフリカ代表

SOCCER KING

最終更新:8月5日(金)7時13分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]