ここから本文です

ローマ、シュチェスニーの“再加入”を発表…レンタル期間延長で合意

SOCCER KING 8月5日(金)8時38分配信

 ローマは4日、アーセナルからレンタル移籍で加入していたポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーについて、移籍期間を2017年6月30日まで延長することで合意に達したと発表した。

 シュチェスニーは昨年夏にアーセナルからローマへレンタル移籍で加入した。移籍期間は今年6月30日までとなっていたが、レンタル期間を1年延長することで合意に達した。買い取りオプションの有無など、契約の詳細については明かされていない。

 シュチェスニーはレンタル移籍期間の延長が決まり、「とても嬉しいよ。良いシーズンを終えて、再び戻ってくることができた。(ルチアーノ・スパレッティ)監督が自分を望んでくれたことがすごく嬉しい。昨シーズンよりも向上できると思っているよ」とコメントしている。

 シュチェスニーは昨シーズンのセリエAで全38試合中34試合に出場し、正守護神として活躍。同選手は当初、今夏の移籍市場で退団することが有力視されており、ローマはブラジル代表GKアリソン・ベッカーを獲得した。しかし、シュチェスニーの残留が決まったことで、GKのポジション争いが激化することになりそうだ。

SOCCER KING

最終更新:8月5日(金)8時38分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報