ここから本文です

チーム3点目をマークも及ばず…浅野「1点の重みをすごく感じた」

SOCCER KING 8月5日(金)12時37分配信

 リオデジャネイロ・オリンピック日本代表が、大事なグループステージ初戦で敗れた。

 日本は4日、ナイジェリア代表と対戦。試合当日にアメリカ・アトランタから現地入りした相手にコンディションの優位性を生かせず、大量5失点を喫した。

 2点を追いかける展開となった53分に投入されたFW浅野拓磨は、「まずは裏への本数をどんどん増やして、チームの流れを変えながらもゴールという結果でチームの勝利に貢献しようと思っていた」と積極的に相手DFの背後を狙う。さらに1点を奪われた直後の70分、DF藤春廣輝のクロスに走り込んだ浅野が左足のヒールで決めて1点を返した。

「追いつける展開だったのに、それをモノにできなかったことがすごく悔しい」と浅野は試合を振り返る。

「もっとチームのために動いて、運動量を増やさないといけないと思いました。ゴールが入れば流れは変わる。1点の重みをすごく感じた試合でした。僕自身もチャンスはあったので、そこを決め切れるようにならないといけない」

 グループステージ第2節コロンビア戦は中2日で実施される。手倉森誠監督が「与えた失点があまりも多すぎた。反省するところを反省すれば締まった試合になると思う」と語ったように、まずは守備の修正が必要となってくる。浅野もまた「チーム全体で失点を減らしていかないと、厳しい大会になる」と課題を口にする。一方で、「攻撃陣はバリエーションが増えた」と4得点を奪ったことも事実。決勝トーナメント進出に向けて、「勝利につながるゴールを取りたい」と力を込めた。

SOCCER KING

最終更新:8月5日(金)12時54分

SOCCER KING