ここから本文です

3ゴールに絡んだ大島、失点の多さを反省「次に生かさないといけない」

SOCCER KING 8月5日(金)14時12分配信

 リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ第1節が4日に行われ、日本代表はナイジェリア代表に大量5失点を喫し、4-5で初戦を落とした。

 同試合にフル出場を果たした大島僚太(川崎フロンターレ)が、試合後に敗戦を振り返った。「最初のチャンスで僕のところに来て決められなかったですけど、相手はしっかり決めたところから始まったと思います。慌てないことと、前半はゼロで抑えようということは言っていたので、しょっぱなからプランは崩れましたけど、(ピッチの)中では慌てず行こうということは話していました」と、立ち上がりから点の取り合いになってしまった展開だったが、慌てないように声を掛け合っていたと明かした。

 日本の4ゴールのうち、3得点に絡んだ大島。大会初戦ということもあり、緊張があったかと問われると「緊張はあんまないですけど、僕のバックパスをハルくん(藤春)のとこで失ってしまって、そこから失点してしまった。得点というよりは、そういう失点のところに目を向けてやっていかないと、失点は減らないと思いますね。点を取れたっていうのは自信になりますけど、失点の部分に目を向けて次に生かさないといけないなと思います」と答え、次の試合に向けて守備面の改善が必要だと口にした。

 大事な初戦を落とし、グループ最下位でのスタートとなった日本。次節は敗れると敗退が決まってしまう可能性もあるが、「いいリズムで試合があるので、そんなに落ち込んでいる時間はないっていうのはロッカー(ルーム)でもありました。反省しつつ、自信を持って臨むところは臨めたらなと思います」と、切り替えて臨みたいと強調した。

 日本は次節、7日にコロンビアと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:8月5日(金)14時12分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。