ここから本文です

【予想スタメン】1トップには呉屋を抜擢か…多彩な攻撃を展開するG大阪、好調鳥栖と激突

SOCCER KING 8月5日(金)20時15分配信

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第7節
8月6日 19:00 ガンバ大阪 vs サガン鳥栖(@エディオンスタジアム広島)

■ガンバ大阪 前節で4試合ぶりの白星獲得、攻撃陣の組み合わせを変更へ

 前節のサンフレッチェ広島との対戦で、4試合ぶりの勝利をつかんだG大阪。最近は無失点で切り抜けた試合は得点が取れず、得点が取れた試合は失点が増えるという試合が続いていたが、その広島戦は1-0。堅守を展開した上で、阿部浩之のスーパーミドル弾がゴールネットを突き刺し、手堅く勝利をつかみ取った。

 その広島戦に続き、今節もホームでの一戦。守備ラインはその広島戦で安定した守備を繰り広げた顔ぶれをそろえた一方で、攻撃は組み合わせを変更した。1トップには「最近のトレーニングで調子が良い。そろそろ大学得点王としてのプライドを示してほしい」と長谷川健太監督が期待を寄せる呉屋大翔を据え、ここ最近はトップ下を預かることの多かった遠藤保仁をボランチに戻した。これは週中のトレーニングでも試したフォーメーションの一つ。もっとも、その遠藤を含め、前線の顔ぶれをみても分かるとおり、複数ポジションをできる選手が顔をそろえることから、試合の流れに応じてポジションを変更する可能性はある。

 彼らのみならず、控えの長沢駿やパトリックを前線に据えれば、また違う攻撃の形を作り出せるはずだ。ただし、それも安定した守備があってこそ。前線を含めて精力的な守備からボールを奪い、攻撃、得点、そして勝利へとつなげたい。唯一心配なのが、先週から続く大森晃太郎のコンディション不良。攻守のキーマンだけに回復具合が気になるところだ。(totoONE編集部)

■サガン鳥栖 2ndステージは無敗を維持、新外国人のデビューはあるか

 1stステージのチャンピオン鹿島アントラーズに押し込まれながらも、豊田陽平の挙げた得点を集中した守備で守り切り、1-0で勝利。1点リードした後のカウンターに精度を欠き、試合を決められなかったことは課題として残ったが、2ndステージの無敗を「6」へと伸ばし、順位も3位に上げた。

 さらに、2ndステージ6試合で4得点と豊田も好調をキープ。鹿島戦での勝利でチームの勢いは増すばかりだが、これを継続するためにはアウェーで迎える今節が大事になる。ただ、G大阪とのアウェーゲームは最近2シーズンで1分1敗と勝ちなし。昨年は天皇杯でも敗れている。1stステージの対戦で2-1と勝利し、その時から宇佐美貴史を移籍で、藤春廣輝をリオ五輪で欠いているG大阪に対して、マッシモ・フィッカデンティ監督は「重要な選手が抜けたとしても、G大阪の歴史や伝統を見てもまだまだ良さも残っているし、良い選手もそろっている」と警戒を怠らない。

 今回の会場は、鳥栖にとって初めての市立吹田サッカースタジアムだけに、芝や距離感などの環境にいち早く対応できるかどうかも勝敗を分けるポイント。鳥栖にとってプラス材料は、ムスタファ・エル・カビルの加入。監督は「ギリギリまで様子を見て、実際に試合で使っていくかどうか試合の当日に決めたい」と話し、デビューへの期待を持たせた。(荒木英喜)

SOCCER KING

最終更新:8月5日(金)20時27分

SOCCER KING