ここから本文です

【予想スタメン】守備に課題の新潟と新システム機能の神戸、両指揮官による情報戦に注目

SOCCER KING 8月5日(金)20時40分配信

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第7節
8月6日 19:00 アルビレックス新潟 vs ヴィッセル神戸(@デンカビッグスワンスタジアム)

■アルビレックス新潟 前節は1点遠く惜敗、鈴木と野津田の不在は大きな痛手

 前節のFC東京戦は、後半早々に集中を欠いて失点。ロングボール1本に対応し切れなかった守備組織の乱れに悔いが残った。さらに、相手に引かれてブロックを固められると攻め手を欠き、放ったシュートは5本(枠内シュート0本)、被シュートは6本という膠着した展開の末に無得点で敗れた。

 2ndステージで5敗目を喫した今週のトレーニングでは、守備の連係の再確認が行われた。互いにカバーし合い、オーガナイズして守ることにキャンプから取り組んできているチームだが、責任の所在が曖昧になっては無意味。一対一の対応の修正が図られた。ペドロ・ジュニオールが出場停止とはいえ、前線に強力なアタッカーがそろう神戸に対して、守備のビジョンを明確にして対応する。

 懸念材料は、コンディション不良の舞行龍ジェームズが別メニューだったことだ。「ひざの手術もあってキャンプで練習を積めていない影響。経験も力もある選手だし、試合に照準を合わせ、練習の量をコントロールしていくことになる」と吉田達磨監督は話す。一方で増田繁人が練習から猛アピール、準備を進めている。

 リオ五輪のため鈴木武蔵、野津田岳人が不在で、「前節の試合メンバーから確実に2人がいないわけで、競争も活発になっている」(吉田監督)中で、チャンスをつかむのは誰か。苦境のチームに光明をもたらせる救世主の出現が待たれる。(totoONE編集部)

■ヴィッセル神戸 新加入2人がチームにフィット、エース出場停止も若手に期待

 前節の大宮アルディージャ戦に勝利し、2ndステージ7位に浮上した神戸。新加入のニウトン、橋本和もチームにフィットし、ボランチの田中英雄は「メンバー的にもっと上位を狙えるチーム。大宮戦の勝ち点3は浮上のきっかけになると思う」と手応えをつかんだようだ。

 大宮戦では従来の4-4-2から4-3-3にフォーメーションを変更。アンカーにニウトンを置き、その前に三原雅俊と田中英の2ボランチを配すシステムを採用し、大宮のパスの供給源であるボランチの動きを封じた。前回対戦で6-3と大勝した新潟との今節も、相手ボランチのレオ・シルバ封じが命題だけに、4-3-3で挑む可能性はある。とはいえ、お互いを知る元同僚のネルシーニョ監督と吉田達磨監督だけに、試合当日まで情報戦は続きそうだ。

 神戸のマイナス要素は、まず岩波拓也がリオ五輪で不在な点。ただし、新潟も野津田岳人と鈴木武蔵の2人がリオ五輪でチームを離れており、五輪関係で言えば新潟の方がやや不利か。“鬼門”のデンカビッグスワンスタジアムをどう攻略するかも見どころの一つだが、神戸にとっての最大の痛手はペドロ・ジュニオールの出場停止だろう。代役を任されそうな小林成豪や松村亮ら若手アタッカーの活躍に注目したいところだ。

 プラス要素は、大宮戦で右サイドバックの高橋峻希が今季初ゴールを決めたこと。ネルシーニョ監督も「(高橋の得点は)相手のサイドバックを抑え込むことができている証拠」と手応えを感じているようだ。(totoONE編集部)

SOCCER KING

最終更新:8月5日(金)20時45分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]