ここから本文です

「極限まで疲れていた」ナイジェリア…勝利を誇る指揮官「我々はファイター」

SOCCER KING 8月5日(金)17時39分配信

 リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ第1節が4日に行われ、ナイジェリア代表と日本代表が対戦。日本は大量5失点を喫し、4-5で初戦を落とした。

 試合後、ナイジェリアのサムソン・シアシア監督が勝利を振り返った。移動トラブルで出発を4度先延ばしした末、ブラジル到着が試合当日になるというアクシデントに見舞われた中、「選手たちは極限まで疲れていた」と認めつつ、初戦で勝ち点3を掴んだ。

 シアシア監督は「まずは勝てたことを嬉しく思う。日本は手強い相手だったし、良いチームだった。こんなに(多くの)ゴールが決まるとは思っていなかった」と、大量5ゴールを挙げての勝利を振り返り、「とにかく勝利という結果が大事。5ゴール全てが良い得点だった」と選手たちを称えた。

 ブラジルに到着するまでに数々のトラブルに見舞われたナイジェリア。シアシア監督は「それはすでに終わったこと。振り返るつもりはないし、これからのことに目を向けて前へ進んでいきたい」と多くを語ろうとはしなかった。

「こちらに到着してから、選手の士気は高い。そんな選手たちを誇りに思っている。今日は恐ろしいほど高い湿度という非常に難しいコンディションの中ではあったが、我々はファイターだ。選手たちは極限まで疲れていたが、勝つことが重要だと考えて、短い時間ながらみんなで集中して士気を高めて、団結して試合に臨んだ」

 選手たちのモチベーションの高さを明かしつつ、指揮官は次戦以降を見据える。「まだ1試合が終わっただけ。決勝トーナメントに勝ち上がることが重要だし、これからも試合がある。集中しなければならない。良い休息を取って次の試合に備えたい」と、抱負を語っていた。

 ナイジェリアの次節は7日、スウェーデンと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:8月5日(金)17時39分

SOCCER KING