ここから本文です

モウリーニョ監督に批判、シュヴァインシュタイガーへの対応は「敬意がない」

SOCCER KING 8月5日(金)18時29分配信

 マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、クラブに所属するドイツ代表MFバスティアン・シュヴァインシュタイガーの対応に関して批判を受けている。イギリスメディア『BBC』などが4日に伝えた。

 2015年夏にバイエルンからマンチェスター・Uへ加入したシュヴァインシュタイガー。2015-16シーズンのプレミアリーグでは18試合に出場した。しかし現在のところ、今年5月に同クラブの指揮官へ就任したモウリーニョ監督の構想には入っておらず、現在はトップチームではなく、U-23チームに帯同している。

 同メディアによると、FIFPro(国際プロフットボール選手協会)のデヤン・ステファノヴィッチ氏がモウリーニョ監督を痛烈に批判。「明らかないじめだ。(私の母国の)スロヴェニアならば、モウリーニョ監督を起訴し、最高の刑である懲役3年を要求するだろう」とコメントし、同監督の行動は裁判沙汰にまで発展するとした。

 また、ステファノヴィッチ氏はシュヴァインシュタイガーに対し、「イングランドプロサッカー選手協会(PFA)を頼るべきだ。すべてのファーストチームの選手は、ファーストチームのコーチと同じ場所、他のファーストチームの選手と同じ時にトレーニングしなければならないのだからね」と語り、PFAに対して現在の状況を相談するべきだとした。

 同選手の兄であるトビアス・シュバインシュタイガー氏も、ステファノヴィッチ氏と同様にモウリーニョ監督を批判。自身の公式ツイッターで「敬意がない」と発信し、弟への対応に不満を漏らしている。

 シュヴァインシュタイガーの将来はどうなるのか。今後の展開に注目が集まる。

SOCCER KING

最終更新:8月5日(金)18時29分

SOCCER KING