ここから本文です

スアレス、バルサ移籍後初の古巣対戦は「本当に素敵な瞬間となる」

SOCCER KING 8月5日(金)19時19分配信

 バルセロナは6日、『インターナショナル・チャンピオンズ・カップ』でリヴァプールと対戦する。試合を前に、同クラブのウルグアイ代表FWルイス・スアレスがコメントを残している。4日、リヴァプールの公式HPが伝えた。

 2011年1月から2014年7月までの3年半にわたってリヴァプールに在籍したスアレス。2013-14シーズンのプレミアリーグでは33試合で31得点を記録し、優勝争いを演じるチームをけん引した。

 古巣との対戦を前にスアレスは、「サポーターにとって本当に素敵な瞬間となる。彼らの中には僕の友人も何人かいるが、リヴァプールと対戦することで僕が彼らの前に戻るのは、本当に良い時間だと思う」とコメント。リヴァプールサポーターの前で再びプレーすることを待ち望んだ。

 「ここ数カ月、リヴァプールの本当に良いパフォーマンスを皆が見てきただろう」と現在の古巣の状態に満足した様子を示したスアレス。「ヨーロッパリーグを制する可能性もあったし、プレミアリーグもうまく戦っていた。新しいシーズンでは、監督が4位以内に入れるという自信を持っていると思う」と続け、ユルゲン・クロップ監督の下、更なる躍進に期待を寄せた。

 6日の一戦は、スアレスにとってバルセロナ移籍後初の古巣対戦となる。それでも、「大切なことはフレンドリーマッチということだ。もしこれがチャンピオンズリーグや本当に良い大会でならば、僕がリヴァプールと対戦することは難しい。でもこれはフレンドリーマッチさ。楽しむよ」と試合を見据えた。

SOCCER KING

最終更新:8月5日(金)19時19分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]