ここから本文です

酒井高徳が語る“両利き”のメリット「相手に的を絞らせない」

SOCCER KING 8月5日(金)18時33分配信

 ハンブルガーSVに所属する酒井高徳が、3日に発売された『サッカーキング・ジュニア』内のインタビューで、“両利き”になったきっかけや、そのメリットを語った。

 小学校時代、利き足である右足を捻挫したことがきっかけとなり、左足を使い始めたという酒井。両足を使えるメリットについては、「プレッシャーを受けた時に、右にも左にも逃げられるので相手との駆け引きですごく有利。相手に的を絞らせないのは両足を使える最大のメリットだと思う」とコメントした。

 プロを目指すジュニア世代のプレーヤーたちに向けては、「サッカーを楽しみながら、負けず嫌いになることが大切。その気持ちが成長につながる」とアドバイスを送った。

 小学生のためのサッカー情報誌『サッカーキング・ジュニア』は、すべてにルビを配し、読者である小学生が読みやすいように工夫されている。同時に、一般的なサッカー誌よりも文字数を減らし、イラストや図解、写真などを多く使用。本誌内では酒井高徳直伝の両利きになるためのトレーニング方法や、多数の日本代表選手のインタビューも掲載されている。

SOCCER KING

最終更新:8月5日(金)19時6分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。