ここから本文です

[クラブユース選手権(U-18)]「借りを返してくれ」兄の雪辱も果たしたFC東京CB蓮川主将が優勝カップ掲げる

ゲキサカ 8月5日(金)5時53分配信

[8.4 クラブユース選手権(U-18)決勝 FC東京U-18 2-0 清水ユース 味フィ西]

「今大会は日本一ということを目標にやっていたので、日本一で終わることができて、プラスというか自信もついたと思います」。優勝カップを西が丘の空に掲げたFC東京U-18のCB蓮川壮大主将(3年)は、「狙って獲った」日本クラブユース選手権(U-18)大会についてそう振り返った。

 主将が大会を通して成長したと感じたのはチームの一体感。「やっぱり、今大会で大会を通して成長できるものも多かったと思う。一体感だったりはゴール後にベンチのところに行ったりだとか、そういうところもまた成長できたと思うので、これからに繋げていきたいです」。個性の強い選手一人ひとりがチームのために戦っていた。FC東京U-18にとって2年ぶりとなった決勝で、それをまた表現。「試合前、決勝は何が起こるか分からないのでメンタリティーのところを話して最後まで、笛が鳴るまで走ることを言って入ったので、それができて良かったと思います」とチームのために全員が走り抜いた優勝を素直に喜んでいた。

 蓮川自身、最終ラインの中央から声とプレーでチームを鼓舞。体を張ったヘッド、潰しでゴールを守り抜いた。FC東京U-15深川時代からコンビを組むCB岡崎慎と鉄壁の守りを披露して「僕たちCBは絶対に失点をしてはいけないということを試合前に考えていた」という決勝を無失点で勝利。大会を通じて2失点という堅守で頂点に立った。
 
 2年前の日本クラブユース選手権(U-18)大会では兄のMF蓮川雄大(現早稲田大)が大会MIPを受賞する奮闘を見せながらも準優勝に終わっていた。蓮川にとって、この決勝は兄の“雪辱戦”でもあった。自主練で強力アタッカーとして注目を集めた兄との1対1などを行い、成長してきた蓮川にとっては絶対に負けられない決勝戦だった。

「きょう、兄からもLINEが来ていたんですけど『借りを返してくれ』ということで今回優勝できて、また(佐藤)一樹監督もずっとタイトルを取れないで来て、きょう優勝できて嬉し涙を流していた。今年は3冠目指しているので、Jユースカップとプレミアチャンピオンシップで優勝できるようにまた明日からいい準備をしていきたい」。兄や指揮官のためにも勝ち取った優勝。この日ピッチで最高の笑顔を見せていた主将は精神的支柱として、DFリーダーとしてFC東京U-18を次の目標達成へ導く。

最終更新:8月5日(金)5時53分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。