ここから本文です

日本同組の初戦 コロンビア、スウェーデンともに譲らずドロー

ゲキサカ 8月5日(金)8時53分配信

[8.4 リオデジャネイロ五輪 B組第1節 五輪スウェーデン 2-2 五輪コロンビア マナウス]

 4日、リオデジャネイロ五輪日本代表と同組の五輪スウェーデン代表と五輪コロンビア代表が対戦。前半17分にコロンビアに先制を許したスウェーデンが同43分、後半17分にネットを揺らして逆転に成功。しかし、同29分にコロンビアが追い付いて2-2の引き分けに終わった。7日の第2節でスウェーデンはナイジェリアと、コロンビアは日本と対戦する。

 序盤からスウェーデンゴールを脅かすコロンビアが前半17分に先制する。FWドルラン・パボンの鮮やかなスルーパスから抜け出したFWテオフィロ・グティエレスが右足シュートを突き刺し、スコアを1-0とした。しかし、反撃に出るスウェーデンは同43分、左サイドからのパスを受けたFWミカエル・イシャクがPA外から豪快にミドルシュートでネットを揺らし、試合を振り出しに戻した。

 1-1のまま後半を迎えると、後半17分にスウェーデンが逆転に成功する。MFロビン・クアイソンのミドルレンジからのシュートはGKクリスティアン・ボニージャに弾かれたものの、こぼれ球をMFアストリト・アイダレビッチが蹴り込んでスコアを2-1とした。だが同29分、FWハロルド・プレシアドがPA内でDFヨアキム・ニルソンに倒されてコロンビアがPKを獲得。これをパボンが豪快に蹴り込んで、試合を振り出しに戻した。

 その後も両チームともにゴールを脅かす場面を創出したが、勝ち越しゴールは生まれず。試合は2-2のドローに終わり、勝ち点1を分け合った。

最終更新:8月5日(金)9時6分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。