ここから本文です

日本は“らしくない”打ち合いで初戦黒星…手倉森監督「開幕戦ならではの慌て方が出た」

ゲキサカ 8月5日(金)12時27分配信

[8.4 リオ五輪GL第1節 ナイジェリア5-4日本 マナウス]

 持ち味の守備でミスが目立った。それでも日本は最後まで諦めない姿勢でナイジェリアに立ち向かった。

「手倉森ジャパンらしくない打ち合いの展開となってしまった」と指揮官が語ったように、序盤から激しくスコアが動いた。日本は2-2で迎えた前半終了間際にナイジェリアに勝ち越しを許すと、後半立ち上がりにさらに2失点。途中出場のFW浅野拓磨とFW鈴木武蔵がゴールを決めたが、追いつくことはできず、4-5で重要な初戦を落とした。

 試合後のインタビューで手倉森誠監督は、「与えた失点があまりにも今回多すぎた。点を取れている分、守備のところを修正して次に進めればいい」と修正点を挙げた。また、4得点の攻撃陣を称えた一方で、「ディフェンディングサードで開幕戦ならではの慌て方が出た。そこで仕留めるクオリティが大事だった」。攻守両面で課題が出た初戦となった。

 日本がこの後対戦するコロンビア対スウェーデンは2-2で引き分け、勝ち点1を分け合った。日本は勝ち点を得ることができなかったが、2点差での敗戦が濃厚だった後半アディショナルタイムに1点を返せたことは、グループリーグでの得失点差という面で大きな得点だった。「これがなければ日本じゃない。後ろで回されていても挑んでいくという姿勢を見せられた。次の試合で日本に勝利を届けたい」と前を向いた。

 日本は7日に行われる第2節でコロンビアと対戦する。

最終更新:8月5日(金)15時35分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報