ここから本文です

4点奪っても勝てず…DF藤春「もったいない試合だった」

ゲキサカ 8月5日(金)17時0分配信

[8.4 リオデジャネイロ五輪 B組第1節 日本4-5ナイジェリア マナウス]

 一瞬の隙を突かれた。前半6分、右サイドでボールを受けたFWイモー・エゼキールと対峙したリオデジャネイロ五輪日本代表DF藤春廣輝(G大阪)だったが、中央への突破を許してシュートを放たれると、GK櫛引政敏(鹿島)が弾いたボールをFWサディク・ウマルに押し込まれてしまい、先制点を奪われるきっかけを作ってしまった。

「相手の身体(能力)が予想以上というのはありました。ドリブラーというのは知っていましたが、中に切れ込むのは全然分からなかった。そういうところで試合中に相手の特長をつかまないといけない」

 その後も相手の背番号9の対応に手を焼き、後手を踏む場面も目立ったが、攻撃に移った際には躍動した。前半4分にはFW興梠慎三(浦和)との鮮やかなワンツーから左サイドを切り裂き、MF大島僚太(川崎F)へのピンポイントクロスで決定機を演出。

 そして、後半25分には鋭いグラウンダーのクロスを供給してFW浅野拓磨(アーセナル)のゴールをお膳立てした。「攻撃面では連係も見えて来たし、前よりは良くなっている」と手応えを得ている。

 5失点に「もっと声を掛けて誰が行くかをはっきりさせたいし、後ろに下がり過ぎると得点も許してしまう」と課題を挙げ、何よりも先制点を献上したのが痛かったと振り返る。「やっぱり先制されると、気持ち的にも苦しい状況になるので、先制点は大事」。攻撃陣が奮起して4得点を挙げたこともあり、「もったいない試合だった」と声を落とした。

最終更新:8月5日(金)21時22分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]