ここから本文です

セビージャ清武に仰天放出報道…新外国人獲得で枠調整

ゲキサカ 8月5日(金)17時10分配信

 セビージャに加入したばかりの日本代表MF清武弘嗣が放出候補になっているとする仰天報道がされている。

 コロンビアメディア『futbolred.com』などが報じた情報によれば、セビージャは現在、リオデジャネイロ五輪を戦うコロンビア代表に選出されているMFセバスティアン・ペレス(アトレティコ・ナシオナル)の獲得を目指しているという。チリ代表で実績を残し、南米サッカー界に精通するホルヘ・サンパオリ監督のたっての希望とみられる。

 しかしここで問題となるのが、セビージャはすでにEU外選手の3枠を埋めているということだ。昨季から所属するDFマリアーノと、今夏獲得したMFパウロ・エンリケ・ガンソ、そして清武の3人だ。

 獲得するためには誰かを放出しなければならないが、同メディアは前任のウナイ・エメリ監督の希望で獲得した清武が、最有力ではないかと報道。レンタル移籍の可能性を模索していると伝えた。

 負傷の出遅れから先日、ようやく実戦復帰を果たした清武だが、シーズン開幕を前に弾き出されることになってしまうのだろうか。

最終更新:8月5日(金)17時10分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。