ここから本文です

巻き返し誓うFW興梠「これが0-5なら大丈夫かなという感じだけど…」

ゲキサカ 8月5日(金)17時38分配信

[8.4 リオデジャネイロ五輪 B組第1節 日本4-5ナイジェリア マナウス]

 先制を許して迎えた前半9分、PKを得たリオデジャネイロ五輪日本代表。ペナルティースポットに向かったのは、チーム最年長のFW興梠慎三(浦和)だった。

「キッカーは決まっていた。全然緊張することなく、冷静に打てたと思う」。ゆっくりと助走に入ると、右足から放たれたシュートはきっちりとネットを揺らして、同点となるゴールが生まれた。

 その後は激しい乱打戦に。ナイジェリアがリードを奪えば日本が追い付く。しかし、前半終了間際に再びリードを奪われると、後半にも2失点。反撃も2点に抑えられて、チームは4-5で敗れた。黒星スタートになったものの、興梠は4点を奪った攻撃面に手応えも感じている。

「これが0-5で負けていたら次も大丈夫なのかなという感じだったと思うけど、攻撃は良い形で点を取れた部分もあるので、皆行けるという気持ちしかないと思う」

 グループリーグ第2節コロンビア戦は中2日で迎える。「球際がまったく勝てず、五分のボールが全部向こうのボールになってしまった」と球際の激しさの必要性を訴えるだけでなく、前線でボールを呼び込む回数が限られたこともあり、「もう少しコミュニケーションを取って次に生かしたい」と次戦で勝ち点を得るため、周囲との連係をさらに高めていこうとしている。

最終更新:8月5日(金)21時22分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報