ここから本文です

米週間新規失業保険申請:3000件増の26.9万件、4週平均も増加

Bloomberg 8月4日(木)22時50分配信

先週の米週間新規失業保険申請件数は前週から増加した。

労働省の発表によると、7月30日終了週の新規失業保険申請件数は前週から3000件増加して26万9000件。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は26万5000件だった。前週は26万6000件。

ハイ・フリークエンシー・エコノミクス(HFE)の米国担当チーフエコノミスト、ジム・オサリバン氏は、「雇用の伸びに著しい減速はないというのが、今回の失業保険申請件数が示すメッセージだ」と指摘。「改善しつつある景気を反映している」と述べた。

変動がより少ない4週間平均は26万250件と、前週の25万6500件から増加。前週は1973年以降で2番目の低水準だった。失業保険の継続受給者数は7月23日までの1週間に6000人減少して214万人となった。

統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Jobless Claims Signal Firings in U.S. Remain Historically Low(抜粋)

Sho Chandra

最終更新:8月4日(木)22時50分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]