ここから本文です

欧州株:上昇、イングランド銀の刺激策で-英FTSEは6月来大幅高

Bloomberg 8月5日(金)1時50分配信

4日の欧州株式相場は上昇。6月の国民投票での欧州連合(EU)離脱選択を受け、イングランド銀行が新たな包括的刺激策を打ち出したことが背景にある。英国株は6月以来の大幅高となった。

指標のストックス欧州600指数は前日比0.7%高の337.84で終了。一時は0.9%上げた。イングランド銀行は2009年以来の利下げを決めたほか、資産購入枠拡大と銀行向け貸し付けプログラムを含む包括的刺激策を打ち出した。

英国株の指標であるFTSE100指数は1.6%上昇。中型株で構成されるFTSE250指数は1.5%上げた。ポンド安が追い風となった。

ランプ・アセット・マネジメント(デュッセルドルフ)のシニア株式マネジャー、ミヒャエル・ボイシュネック氏は「金融システムを守るために行うと望まれていたことをイングランド銀行が実行した」とし、「われわれの貿易相手である英国の経済を何とか安定させることができれば、欧州にとって良いことだ。この日の相場は好調だったが、それほど長続きするとは思えない」と語った。

西欧市場の主要株価指数の中でスペインのIBEX35指数が1.5%高と、大きく上げた。フランスのCAC40指数とドイツのDAX指数はそれぞれ0.6%上昇した。

個別銘柄では、ドイツのエンジニアリング企業シーメンスが4.5%上昇。英保険会社アビバは6.7%値上がり。ライター製造などを手掛ける仏ソシエテ・ビックは4.4%高となった。

原題:FTSE 100 Leads European Stock Advances After BOE Economic Boost(抜粋)

Justin Villamil

最終更新:8月5日(金)1時50分

Bloomberg