ここから本文です

【個別銘柄】日水や大成建安い、トヨタやニコン上昇、サンケン電急落

Bloomberg 8月5日(金)11時50分配信

5日の日本株市場で、株価変動材料のあった銘柄の終値は次の通り。

日本水産(1332):前日比9%安の453円。5日午後1時に発表した4-6月期営業利益は前年同期比18%減の41億7400万円だった。魚価の下落などが響き水産事業が減収減益だったうえ、北米での家庭用冷凍食品の苦戦で食品事業も振るわなかった。

大成建設(1801):5.3%安の820円。4-6月営業利益は前年同期比10%減の161億円と5日午後2時に発表した。野村証券は営業利益のほか土木の単体粗利率も前年同期を下回ったと指摘。単体受注は建築が23%減と、大型案件の寄与があったが減少し違和感との見方を示した。

トヨタ自動車(7203):3%高の5860円。2017年3月期営業利益予想を1兆7000億円から前期比44%減の1兆6000億円に下方修正すると4日発表。円高などを踏まえ見直したが、野村証券では会社計画は保守的すぎると指摘した。第1四半期の営業利益率が震災影響を除くと10%を超えたことを考慮すれば、会社想定ほどの円高影響や経費増の発生可能性は低いと分析。目標株価を6300円から7200円に上げ、投資判断「買い」を継続した。

ニコン(7731):4.4%高の1523円。4日発表した4-6月期営業利益は前年同期比2.9倍の149億円と市場予想77億円を上回った。新製品投入や経費抑制などで映像事業が計画を上回る推移になると見込み4-9月期営業利益予想を190億円から前年同期比54%増の230億円に上方修正した。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は4-6月期は、厳しい事業環境にある映像事業が前年より高い利益率を達成し大健闘したなどと評価した。

サンケン電気(6707):12%安の298円。4日発表の4-6月期営業利益は前年同期比61%増の3億1900万円だった。通期計画に対する進ちょく率は4.6%。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の事前予想は5億円で、半導体デバイスが好転しながらもPM事業やPS事業は悪化したと指摘。増益を確保したものの、通期計画に対する進ちょく率は低く、通期計画の達成度を考える段階にないと分析した。

1/4ページ

最終更新:8月5日(金)15時44分

Bloomberg