ここから本文です

JPモルガンのLIBOR調査終了、制裁科さず-米司法省や英FCA

Bloomberg 8月5日(金)16時44分配信

米銀JPモルガン・チェースは、ロンドン銀行間取引金利 (LIBOR)や他の指標金利に関する同行の活動をめぐる調査を米英当局が制裁金を科すことなく終了したと明らかにした。これで同行は、指標金利が操作されたスキャンダルを他の金融機関と比べてわずかな痛手で切り抜けることになる。

JPモルガンは米証券取引委員会(SEC)への3日の届け出で、米司法省から金利操作スキームの調査を終了したと6月に伝えられたと公表。届け出によれば、英金融行動監視機構(FCA)とカナダ競争局も同行を処分することなく調査を終えた。

JPモルガンは円建てLIBORの操作をめぐる欧州委員会の調査を決着させるため、2013年に8000万ユーロ(現在の為替レートで約90億円)の支払いに応じた。同行の広報担当者にコメントを求めて電話で連絡を取ったが、これまでのところ返答がない。

原題:JPMorgan Says Libor Probes Ended in U.S., U.K. After EU Penalty(抜粋)

Gaspard Sebag, Suzi Ring

最終更新:8月5日(金)16時44分

Bloomberg