ここから本文です

英国:7月の住宅価格、5カ月ぶりの大きな下げ-EU離脱選択の翌月

Bloomberg 8月5日(金)19時54分配信

英国の7月の住宅価格は前月比で5カ月ぶりの大きな値下がりとなった。英銀ロイズ・バンキング・グループの住宅金融部門ハリファクスは、6月に行われた国民投票での欧州連合(EU)離脱選択が市況にどれだけ影響を及ぼすかを判断するのは時期尚早だと指摘した。

ハリファクスの5日の発表によると、7月の住宅価格は前月比で1%下落。これは2月以来の大幅値下がりだった。6月は1.2%上昇。5-7月期では2-4月期から1.6%値上がり、前年同期比では7.8%上昇し、平均住宅価格は21万4678ポンド(約2850万円)となった。

ハリファクスのエコノミスト、マーティン・エリス氏は発表資料で「住宅価格の上昇ペースが鈍化している兆候が出ている」とした上で、単月のデータは不安定なため「6月の国民投票の結果が住宅市場に影響を与えたかどうかを判断するにはまだ時期尚早だ」と語った。

原題:U.K. House Prices Slide by Most in Five Months After Brexit Vote(抜粋)

Emma Charlton

最終更新:8月5日(金)19時54分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]