ここから本文です

ベッテルのとんだ勘違い? 最終ラップにスローダウン

TopNews 8月6日(土)5時57分配信

F1第12戦ドイツGPで、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは最終ラップにあやうく順位を落とすところだった。

F1公式サイトが公開したオンボード映像には、フィニッシュラインを横切ったベッテルがスローダウンし、1コーナーでコース外を走行している様子が映っている。こうしてタイヤかすを拾うのは、車重を増やすためにレース後にどのドライバーも行う行為だ。

しかし問題は、ベッテルがこれを1周早く行ってしまったことだった。まだレースは1周残っていたのだ。

この間にベッテルは周回遅れ2台に抜かれており、その直後に再びスピードアップしたのが映像で見て取れる。この周のベッテルのラップタイムは、前の周より7秒以上遅かった。

ベッテルの後ろはチームメートのキミ・ライコネンで、約11秒後方にいたため、ベッテルは順位を失うことなく5位でレースを終えている。

最終更新:8月6日(土)5時57分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]