ここから本文です

<速報>イチロー、代打で三球三振 残り2本のまま11打席足踏み

THE PAGE 8/6(土) 11:50配信

マーリンズのイチロー外野手(42)が5日(日本時間6日)、敵地のコロラド・デンバーで行われたロッキーズ戦の7回に代打出場、三球三振に終わり、史上30人目の通算3000本安打へ残り「2」のまま足踏みとなった。

 イチローは6試合連続でスタメンをはずれた。その間の代打成績は6試合、10打席ノーヒット。相手ピッチャーも3000本を意識しているのかほとんど甘いボールがなく、ヒット性の打球が好捕されるような不運も重なっていた。この日、代打チャンスが巡ってきたのは1-0のスコアで迎えた7回一死走者なしの場面。ロッキーズの本拠地、クアーズフィールドは小雨が降り続いていた。標高1600メートルの場所にあり、マイルハイスタジアムと呼ばれ、空気が薄い影響でボールが飛ぶことで有名だ。

 イチローの名前がコールされると大きな拍手が起き、同時にロッキーズベンチは万全を期して、2番手のオバークから左腕のローガンにスイッチした。過去4打数1安打の対戦成績のある相手である。

 初球、インサイドのストレートを見逃し、次の外角球をファウル。簡単に追い込まれ、外角低めのストレートに手がでずに見逃しの三振に終わった。これで7試合、11打席ノーヒットとなった。 
   

最終更新:8/6(土) 12:40

THE PAGE

なぜ今? 首相主導の働き方改革