ここから本文です

バレー・リオ五輪に懸ける思い~木村沙織、迫田さおりら

THE PAGE 8月6日(土)9時36分配信

バレー・リオ五輪に懸ける思い~木村沙織、迫田さおりら THEPAGE

 リオデジャネイロ五輪が開幕。ロンドン五輪で28年ぶりに銅メダルを獲得、リオ五輪でもメダルの期待がかかるバレーボール女子日本代表「火の鳥NIPPON」。眞鍋政義監督のもとコーチ、スタッフともに一致団結し、チームワークで「金メダル」に挑む。リオ戦士(パスヒッター、ポイントゲッター、ミドルブロッカー)の五輪に懸ける思いとは。

【写真特集】女子バレー・リオ五輪に懸ける思い~木村沙織、迫田さおりら

木村沙織

 前回(ロンドン五輪)の銅メダルよりもいい結果を出すには「チーム力」が一番大事。一致団結してみんなが試合の中で100%以上の力を出せるように。チームの状態はすごくいいですしまとまっているので、自分のプレーや姿勢で、それをさらに大きな動きにできたらと思います。

 個人としては、まずサーブレシーブでリベロと一緒に軸になる。それを一番意識しています。あとは、大会を通して守備と攻撃の両面で常に安定したプレーをしてチームの軸になれるように頑張りたい。あと(OQTでは)単調になり気味な試合が続いたので、日本らしいコンビバレーをもっと増やしたいと思います。遥(宮下)とジン(田代)の選択肢をもっと増やせるようにスパイカー陣がもっといろいろな動きをしていけたらと。それからバックアタックも意識して。

 キャプテンとして臨むのは初めての五輪。キャプテンになってから今まで、チームの雰囲気をすごく大事にしてやってきました。若い選手のエネルギーはすごいと思うので、練習でも試合でも若い選手が伸び伸びできる雰囲気ができればいいなと一番心がけてきました。

 ロンドンよりもいい色のメダルという目標は言葉で言うのは簡単ですが、本当に難しいことだと思います。でも、今までそこを目標にみんなでずっとやってきて、今のメンバーでその目標を達成したいという強い気持ちがあります。今回(代表に)選ばれなかった、一緒に戦ってきた仲間もたくさんいるので、そういう仲間の気持ちや思いも込めてみんなで戦って絶対に目標を達成したいと思います。

 初戦の韓国戦が一番大事だと思っているので、まず韓国にしっかり勝てるよう頑張る。自分たちが冷静にいい形で攻められるように。予選でなるべく高い順位に行くことが一番で、その後もいちばん最後まで試合ができるように、今までやってきたことをすべて出し切って。ファンの皆さんにたくさん応援していただいているので、チーム全員で必死に戦っていい大会にしたいです。

1/6ページ

最終更新:8月6日(土)12時30分

THE PAGE