ここから本文です

<インタビュー>ヒョナ(元4Minute)、「解散」という単語は使いたくない

WoW!Korea 8月6日(土)9時10分配信

ヒョナが「4Minute」解散について正直に答えた。

 ヒョナ(元4Minute)は、今月1日に5thミニアルバム「A‘wesome」を発表し、ソロとしては1年ぶりの活動となる。ことし6月に「4Minute」解散が公式発表されてからの活動とあって、彼女の言動に多くの注目が集まっている。

ヒョナ(元4Minute)のプロフィールと写真

 これについてヒョナは「私が言いたいことの一つは、ソロで活動を始めるにおいて多くの方から『4Minute解散以降の活動』とみられていますが、それ自体がとても悔しく思います」と語り始めた。

 続けて「メンバーとの7年の共同生活が、一瞬でなくなっていくようで嫌でした。私が初めて“ヒョナ”として出てくるようにそういった状況が悔しく思いました」とし、「解散という単語を使いたくないのに、使わなければならない単語じゃないですか。それで“延長線”だと整理しました。『4Minute』の活動の延長線でステージに上がりたいんです」と答えた。

 さらに「SNSなどさまざまな状況に対しても説明してほしいと言われるんですが、非常に多くの推測や想像力を発揮されるので、それはやめてもらいたいと言いたいですね」と訴えた。

 また「『4Minute』の中のヒョナで、『4Minute』もなくなるわけじゃないですよね。7年間、夢を一つに描いたとすれば、これからは夢を分け合ってそれぞれの夢に使う時間の延長線だと表現したいです」とし、「そのように見守っていただけたらうれしいです。今後のことについても、そうやって応援してくださったらと思います」と明かした。

 ヒョナのニューアルバムのタイトル曲「どう? 」は、ヒップホップビートとサックスの調合が印象的な曲で、繰り返されるリフレーンとヒョナの独特な音色が中毒性を持ち、好評を博している。

最終更新:8月6日(土)9時37分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。