ここから本文です

イ・ボミ、鈴木愛が首位に並ぶ 1打差で先週2位の岡山絵里

ゴルフ情報ALBA.Net 8月6日(土)15時38分配信

<meijiカップ 2日目◇6日◇札幌国際カントリークラブ 島松コース(6,520ヤード ・パー72)>

リオも熱いが北海道も熱い!ボミ、ハヌルらの写真を続々配信中

 北海道にある札幌国際CC島松コースで開催されている、国内女子ツアー「meijiカップ」は第2ラウンドを行い、トータル8アンダーで並んだ鈴木愛とイ・ボミ(韓国)が首位タイに浮上した。1打差の3位に先週の「大東建託・いい部屋ネットレディス」で2位に入った岡山絵里がつけている。

 トータル6アンダーの4位タイにはサイ・ペイイン(台湾)、キム・ハヌル(韓国)、笠りつ子。トータル5アンダー7位タイグループに堀琴音、アン・ソンジュ(韓国)が続く。ディフェンディングチャンピオンの西山ゆかりもトータル4アンダーの9位タイと上位に浮上を果たした。

 リオ五輪日本代表の大山志保はトータル2アンダーの21位タイで最終ラウンドに進むこととなっている。

【第2ラウンドの順位】
1位T:鈴木愛(-8)
1位T:イ・ボミ(-8)
3位:岡山絵里(-7)
4位T:サイ・ペイイン(-6)
4位T:キム・ハヌル(-6)
4位T:笠りつ子(-6)
7位T:堀琴音(-5)
7位T:アン・ソンジュ(-5)
9位T:西山ゆかり(-4)他

21位T:大山志保(-2)他
33位T:横峯さくら(E)
33位T:有村智恵(E)他

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月6日(土)15時38分

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]