ここから本文です

実写『東京喰種』新キャストに蒼井優、鈴木伸之、大泉洋!配役も明らかに

シネマトゥデイ 8月6日(土)5時0分配信

 窪田正孝が主演を務め、石田スイの人気コミックを実写化する映画『東京喰種』(2017年夏公開)の新たなキャストが発表され、蒼井優、鈴木伸之、大泉洋の出演が明らかになった。

【写真】主演・窪田正孝&ヒロイン清水富美加

 人の姿をしながらも、水とコーヒー以外で摂取できるのは人体のみという怪人“喰種”(グール)と人間が共存する街、東京。平凡な大学生の金木研(カネキ)は、ある日、事故に遭い、喰種の少女・リゼの臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。喰種と人間との間で苦悩し葛藤する中、カネキは喰種を駆逐しようとする人間側の捜査官・CCGとのし烈な戦いに巻き込まれていく。

 主人公・カネキを窪田が演じ、カネキを助ける存在となっていく喰種の少女・霧嶋董香(トーカ)役を清水富美加が務めることが明かされていたが、さらに、神代利世(リゼ)を蒼井、亜門鋼太朗を鈴木、真戸呉緒を大泉が演じることが発表された。リゼは清楚な見かけに反し、本性は奔放で貪欲な大喰いの喰種で、カネキを捕食しようと目を付けたことが彼の運命を大きく変えることになる。亜門と真戸は喰種捜査官のパートナー同士で、それぞれ高い格闘能力を持つ秀才と、周囲からは変人扱いされながらも確かな実力を持つベテランという役どころだ。

 原作は、累計発行部数1,800万部を誇る人気コミック。これには大泉も「大人気コミックが原作ということもあり、出演のお話をいただいた時からとても緊張しています」と吐露。その上で、「真戸呉緒を演じさせていただけることは役者として大きな挑戦であり、非常にやりがいを感じています」と前向きな思いを寄せた。そんな大泉演じる真戸に全幅の信頼と尊敬を抱く秀才・亜門役を務める鈴木は、「不安と緊張ばかりで何もない僕ですが、体当たりで演じさせていただきますので、どうかよろしくお願いいたします」と意気込む。

 また、知人から原作を強く薦められたこともあるという蒼井は、“漫画原作の実写化”が難しいことを認めつつも、「映画がその壁をどう超えるのか楽しみです。スタッフ皆の想いが通じ合っている撮影現場の雰囲気をとても頼もしく感じています。気負い過ぎず頑張りたいと思います」と思いを語った。

 メガホンを取るのは数々のCMやミュージックビデオ、ショートフィルムなどを手掛けてきた萩原健太郎。撮影は7月にクランクインしており、9月にクランクアップを迎える予定だ。(編集部・小山美咲)

最終更新:8月6日(土)5時0分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。