ここから本文です

【UFC】中村K太郎が10月大会に参戦

イーファイト 8月6日(土)11時52分配信

 10月1日(土・現地時間)アメリカ・オレゴン州ポートランドのモダ・センターで開催されるMMA(総合格闘技)イベント『UFC FIGHT NIGHT 96』の追加対戦カードが発表された。

【フォト】倒れたカイル・ノークにパウンドを叩き込む中村K太郎

 前回の出場で劇的な一本勝ちを収めた中村K太郎(K太郎道場)の参戦が決定。エリゼウ・ザレスキ・ドス・サントス(ブラジル)と対戦する。

 中村は2003年にプロデビューし、15戦無敗のまま2006年12月にUFC初参戦。しかし世界の壁は厚く、3連敗を喫してしまい、UFCを離れることに。その後は国内で高い勝率を誇り、2015年7月にはDEEPウェルター級王座を奪取するなど活躍。同年9月に日本で開催された『UFC FIGHT NIGHT 75』で、約7年ぶりにUFCに復帰した。

 復帰戦では1Rと2Rの劣勢をしのぎ、3Rに得意のリアネイキッドチョーク(チョークスリーパー)を極めて大逆転の一本勝ち。今年2月の復帰2戦目ではトム・ブリーズ(イギリス)に判定で敗れたが、続く7月の再起戦ではカイル・ノーク(オーストラリア)を相手に、2R残り1秒でリアネイキッドチョークを極め、劇的な一本勝ちを収めた。

 対するサントスは2009年にプロデビューを果たした29歳のファイター。20戦15勝5敗の戦績を収め、勝ち星のうち8勝がパンチによるKOという強打の持ち主だ。UFCには昨年5月に初参戦し、デビュー戦は判定で敗れたが、今年4月の2戦目では首相撲からのヒザ蹴り連打でTKO勝ちを収めている。

 果たして、中村は強打者サントスを下し、UFCで初の2連勝を飾ることが出来るか。

最終更新:8月6日(土)11時53分

イーファイト