ここから本文です

【シネマカフェ的海外ドラマvol.354】ハマリ役のドミニク・クーパーに痺れる!「プリーチャー」

cinemacafe.net 8月6日(土)12時0分配信

6月27日から7月10日まで、今年も2週間にわたって開催されたテニスのウィンブルドン選手権。試合観戦を目的にセレブたちも来場するのは、もはや例年通り。その中には海外ドラマ界のスターも多く、「シャーロック/SHERLOCK」の新シーズンが待たれるベネディクト・カンバーバッチをはじめ、「ゲーム・オブ・スローンズ」からはソフィー・ターナー、メイジー・ウィリアムズ、アルフィー・アレン、チャールズ・ダンス、「ダウントン・アビー」からはマギー・スミス、リリー・ジェームズ、アレン・リーチ、「風の勇士 ポルダーク」のエイダン・ターナーなどの姿がありました。

【画像】ドミニク・クーパー/フォトギャラリー

そんな中、注目したいのは、スーツにショルダーバッグでの来場姿が妙に初々しかったドミニク・クーパー。現在、彼は「ウォーキング・デッド」や「ブレイキング・バッド」の米ケーブル局AMCが新たに放った「プリーチャー」の主演俳優として人気を集めています。

今年5月から全米放送が始まり、日本でもAmazonプライム・ビデオで配信中の「プリーチャー」は、ガース・エニス&スティーヴ・ディロンの同名コミックをドラマ化したもの。企画・製作総指揮にはセス・ローゲンと相棒のエヴァン・ゴールドバーグ、そして「ブレイキング・バッド」の脚本家サム・キャトリンが名を連ねています。

主人公は、ドミニク・クーパー演じるテキサス州の牧師ジェシー・カスター。教会に来る人々の心を説教で動かすこともできない落ちこぼれ牧師のジェシーは、ある日謎の存在に憑依され、言葉で人を操る力を身につけます。そんな彼の前に、ファンキーな吸血鬼キャシディ(ジョセフ・ギルガン)やジェシーの悪党時代を知る元恋人のチューリップ(ルース・ネッガ)が登場。ジェシーは謎の力に翻弄されつつ、彼らや街の人々と運命を交錯させていきますが…。

ジェシーに宿った力は何なのか? ジェシーと彼を取り巻く人々はどうなってしまうのか? そんな謎を追いながら、ダークでユーモラスに物語が展開。設定はファンタスティックですが、バイオレンス描写あり、スパイシー過ぎるジョークありの大人向けドラマになっています。なかでもやはり注目すべきはドミニク・クーパーの存在感で、力を身につけたことでダメ神父から良くも悪くも変化していくジェシーがとにかくカッコいいです。また、「『ビッグ・リボウスキ』は過大評価された映画だ!」と主張し、ジャスティン・ビーバーを密かに愛する吸血鬼キャシディとほんのりバディ状態にあるのが可笑しく、会話の1つ1つや登場人物たちの一挙一動にクスッとさせられるのもシリーズの魅力です。

今オススメの新ドラマは? と聞かれたら、間違いなく真っ先に挙げたい「プリーチャー」。ハマリ役を得たドミニク・クーパーに痺れるもよし、セス・ローゲンの敏腕クリエイターぶりにひれ伏すもよし。ぜひ楽しんでいただきたいシリーズです。

最終更新:8月17日(水)9時31分

cinemacafe.net