ここから本文です

ヴィルトグラーフが逃げ切り重賞連勝/池田湖賞・佐賀

netkeiba.com 8月6日(土)17時57分配信

 6日、佐賀競馬場で行われた第4回池田湖賞(3歳上・ダ1800m・1着賞金100万円)は、先手を取った田中純騎手騎乗の2番人気ヴィルトグラーフ(セ6、佐賀・九日俊光厩舎)が、そのままゴールまで逃げ切り、2着の4番人気エリモブリーズ(牡7、佐賀・東真市厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分55秒7(不良)。

 さらに5馬身差の3着に6番人気ヴァリアシオン(牡7、佐賀・井樋明正厩舎)が入った。なお、3番人気コスモガラサ(牡7、佐賀・大島静夫厩舎)は4着、1番人気シンゲツ(牡5、佐賀・高田豊治厩舎)は5着に終わった。

 勝ったヴィルトグラーフは、父ゼンノロブロイ、母メジロヴィーナス、その父トニービンという血統。前走の大分川賞に続く重賞連勝となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆ヴィルトグラーフ(セ6)
騎手:田中純
厩舎:佐賀・九日俊光
父:ゼンノロブロイ
母:メジロヴィーナス
母父:トニービン
馬主:上原純一
生産者:社台コーポレーション白老ファーム
通算成績:41戦6勝(JRA31戦3勝・重賞2勝)

最終更新:8月6日(土)17時57分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ