ここから本文です

NHK有働由美子アナ“ピーピー発言”で残留決断

東スポWeb 8月6日(土)6時7分配信

 フリー転身が噂されているNHKの有働由美子アナウンサー(47)が司会を務める朝の情報番組「あさイチ」での“ピーピー発言”が波紋を呼んでいる。これまで“脇汗騒動”“付けまつ毛騒動”などNHKらしくないあけっぴろげな言動で人気だったが、今回は視聴者から批判が殺到し、さすがに即謝罪。さぞ上層部におきゅうを据えられたかと思いきや、逆に出世をチラつかされ、有働アナはついに結婚とフリー転身を諦めたという。

 有働アナは7月15日放送の「あさイチ」でトークテーマ「やらかしたこと」を出演者で話した際、自身の失敗談を披露。

「ゴルフの打ちっぱなしに行ったとき、おなかがピーピーだったんです。トイレに入った瞬間、一気にピュ~ッと…。高級下着を汚し、洗ってもう一度はくか、ジメジメするか、と悩んだことがある」と、朝から女性司会者が堂々と下痢エピソードを展開したのだ。

 生放送のため、視聴者からは「朝からする話ではない」などの抗議が殺到。すぐに平謝りするハメになった。べテランの有働アナが、ここまで暴走しているのには訳があるという。

「以前から酒席で『問題発言をしたら、会社を辞められるかな』と有働アナは漏らしていた。そこまでフリー転身したかったんです。NHKにあるまじき、あけっぴろげな言動も実はそんな開き直りから来ていたんです。その延長線上にあまりにデリカシーに欠ける“ピーピー発言”があるんですよ」(NHK関係者)

 4年連続で「NHK紅白歌合戦」の総合司会を務め、今や“NHKの顔”といわれる有働アナは、3年前に5歳年下で静岡県在住の会社社長のA氏との遠距離熱愛が発覚。結婚とフリーアナ転身が噂されていた。

「本人がフリー転身を本気で望んでいるという噂だったので、複数の大手芸能プロが一時は水面下で獲得に動いた。さらにフジテレビは、フリー転身後のメーン司会番組を提示したともいわれた」(芸能プロ関係者)

 ところが、最近になって、転身の動きはピタッと止まった。

「ピーピー発言の後も、上層部はおとがめどころか、昇進の話をチラつかせたそうです。退局されては困るから。有働アナは現在、チーフアナウンサーですが、理事待遇のエグゼクティブアナウンサーに昇進するのは時間の問題。その次は理事ですよ」(制作関係者)

 一方、前出A氏との結婚も諦めたという。

「結婚するとなれば、有働アナは静岡に移住し、社長夫人としてAさんを支えながら、フリーアナの仕事をすることになる。A氏が前妻との間に3人の子供を抱えていることもネックになった。悩んだ末に、自身の問題言動がいろいろあっても昇進をさせてくれるNHKに残ることを決断したようですよ」(前出)

 ピーピー発言を経て、気持ちは固まったようだ。

最終更新:8月6日(土)6時16分

東スポWeb