ここから本文です

【アバルト124スパイダー】7型ディスプレイに浮かぶのは“マツコネ”とは異なるアバルトのロゴマーク

レスポンス 8月6日(土)10時56分配信

FCAジャパンが5日に発表したアバルト『124スパイダー』。マツダ『ロードスター』をベースとしているだけに、共通点も少なくない。特にインフォテイメント・システムは『マツダコネクト』をそのまま踏襲。SDカードの追加でナビゲーションが使えるようになるのも同じだ。

[関連写真]

発売元のFCAジャパンによれば、「搭載機能はマツダコネクトに準ずるもので、ロータリコマンダーとタッチパネル機能を併用するインターフェイスも同じ。しかし、名称はオリジナルのものを用意する予定」とする。“アバルト”ブランドを名乗るだけに、“マツダ~”はそのまま使えないということだろう。

車両にはFM/AMチューナー付き7型ディスプレイが標準で搭載され、カーナビゲーションはオプションのナビゲーション用SDカードを追加購入するだけ。これもロードスターと同じ手法だ。「SDカード価格は未定だが、ロードスターで提供されている価格とほぼ同じにする予定でいる」という。ただ、このSDカードは「レザーシート/ナビゲーションパッケージ」(21万6000円)には標準装備される。

エンジンを起動すると、ロードスターとは違って“さそり”を象ったアバルトのロゴマークがまず表示され、その後はお馴染みのマツダコネクトのインターフェイス画面に切り替わる。タテ/ヨコ方向にだけ動くロータリコマンダーの機構もマツダコネクトのままだった。

オーディオシステムはロードスターにも採用されている6スピーカー(ウーファー×2、ツイーター×2、運転席ヘッドレスト×2)を踏襲したが、BOSE仕様の9スピーカーシステムは用意されなかった。また、CD/DVDプレーヤー+フルセグ地上デジタルTVチューナーはオプション扱いだが、「レザーシート/ナビゲーションパッケージ」にはこれもセットで標準装備される。

FCAジャパンによれば、この対応は「グローバルで共通のものということだが、海外ではロードスターの“S”で採用されているモニターレス仕様が用意されている」という。

《レスポンス 会田肇》

最終更新:8月6日(土)10時56分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]