ここから本文です

「写ルンです」にはスマホカメラにはない“緊張感”があった

ITmedia PC USER 8月6日(土)6時10分配信

●連載:コンピュータ・メモリーズ
1982年生まれの筆者が、人生を通じて出会ってきたガジェットの超個人的な思い出をマンガで振り返ります。

【マンガ】「写ルンです」にはスマホカメラにはない“緊張感”があった(全3ページ)

●「写ルンです」の残りフィルム枚数に翻弄されていたあの頃

 今やスマートフォンで写真を撮るのが全盛の時代。しかしぼくが小さかった頃は、当然そんな物はありません。

 そこで活躍していたのは「写ルンです」。何の設定も必要なくて、シャッターを押すだけで本当に写ります。おでかけの時にはみんな持っていきましたし、行楽地には自動販売機もありました。

 弱点は枚数制限。「レンズ付きフィルム」という構造なので、フィルム交換ができません。

 設定の必要ないカメラだけに「残フィルム枚数」だけを意識して、ついついヘンなことをしてしまった思い出があります。

 今思うと「写ルンです」って名前がそもそもすごいですよね。社内でレンズ付きカメラの試作品を役員に見せたときに「本当に写るのか?」と言われてしまい、とっさに「写るんです!」と答えたのがきっかけだったそうです。

 最近「写ルンです」は若い人を中心にリバイバルしています。Twitterのハッシュタグ#写ルンですを見ると大量の写真がアップされています。今の写真のはずなのに、どれも懐かしい昭和の雰囲気。写ルンですの画質を見るだけで懐かしさを感じるのっても、なんかちょっとヘンですけれども……。

●ライター:斎藤充博
インターネットが大好きで、ウェブ記事を書くことがどうしてもやめられない指圧師です。「下北沢ふしぎ指圧」を運営中。
Twitter:@3216

最終更新:8月6日(土)6時10分

ITmedia PC USER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]