ここから本文です

五輪開幕!JAPANの栄光とズボンの丈 大山志保の場合

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月6日(土)20時0分配信

ブラジル・リオデジャネイロ五輪は、開会式が5日午後8時(日本時間6日午前8時)からマラカナン競技場で行われ、開幕した。ジカ熱や治安の問題がクローズアップされる中、盛大なセレモニーはひとまず無事に執り行われ、夢の舞台が始まった。

続々追加!スポーツの祭典リオ五輪フォトギャラリー

ところかわって、日本の北海道。女子ゴルフで五輪日本代表に選出された大山志保が、国内女子ツアー「meijiカップ」で、予選2日間で通算2アンダーとし、21位で予選通過を決めた。

meijiカップ開幕前日には、宿泊先のホテルに日の丸や五輪のエンブレムを施したジャケットやパンツが届いた。早速、袖を通したが「ジャケットは(採寸どおり)ピッタリでしたけど、パンツは丈が長すぎたり、腰回りが大きすぎたり…」と困惑も。閉会式や行き帰りの航空機で着用する公式ウェア。世界から視線が注がれる晴れの舞台で、格好良く着こなしたい。正直、女性だからそんな欲だってある。

大山は「でも、着られるだけでうれしいので贅沢は言っていられない。日本のエンブレム、五輪のマークがついたユニフォームは、本当に格好良い」と、興奮気味に語った。

meijiカップで4位につけてV戦線をキープする笠りつ子は2日、普段から親交のある男子代表の片山晋呉の壮行会を仲間内で開いた。「JAPAN」と刻まれたキャディバッグやウェアの写真を見せてもらい「今まで五輪に大きな関心はなかったけれど、興味が湧いてきた。4年後には行きたい」と、2020年の東京五輪へ意を新たにした。

112年ぶりのゴルフ五輪復活。日の丸を背負って戦う大舞台が、いよいよ始まる。グリーンジャケットならぬ、レッドジャケットに身を包んで掲げるのは何色のメダルだろう?(北海道北広島市/糸井順子)

最終更新:8月6日(土)21時47分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)