ここから本文です

<生田斗真>五輪開幕で猫ひろしにエール 舞台あいさつで「にゃー!」

まんたんウェブ 8月6日(土)15時47分配信

 俳優の生田斗真さんが6日、東京都内で行われた主演映画「秘密 THE TOP SECRET」(大友啓史監督)の初日舞台あいさつに出席。リオ五輪が開幕したこの日、生田さんは訪れた観客に「開会式を見ずにこの映画を見に来てくださったなんて猛者ですね」と話しかけ、「映画『秘密』はカンボジア代表の猫ひろしを応援しています。にゃー!」とエールを送っていた。

【写真特集】生田斗真ら豪華キャストが集結!

 舞台あいさつには共演の岡田将生さん、松坂桃李さん、大森南朋さん、栗山千明さん、織田梨沙さん、大友監督も出席。「誰かの脳内をのぞくなら?」という質問に生田さん、栗山さんは芸術家、松坂さんはマンガ家を挙げたが、大森さんは「生田斗真の脳を見てみたい」と回答。「キャーキャー言われるのを実体験しながらお酒を飲みたいなあ」と話していた。

 

 同作は、清水玲子さんのミステリーマンガが原作で、警察庁内のMRI捜査組織・科学警察研究所法医第9研究室(通称・第9)を舞台に、エリート捜査員たちが死んだ人間の脳から「過去の記憶を映像化」できるMRIスキャナーを駆使し、秘密保護法のもと迷宮入りとなった猟奇事件を追う……というストーリー。生田さんは「魂を込めてぶつかった作品。映画を見た後と見る前では世界の見え方が変わるのではないかというくらいの衝撃作です」と胸を張っていた。

 また、この日はタイトルの“秘密”にちなんで、“蜜”が入った樽で鏡開きが行われ、蜜は観客にも振る舞われた。

最終更新:8月6日(土)16時46分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。