ここから本文です

おかずクラブ、映画「キング・オブ・エジプト」吹替版で双子美女の声を担当

お笑いナタリー 8月6日(土)12時0分配信

来月9月9日(金)公開の映画「キング・オブ・エジプト」にて、おかずクラブが日本語吹き替え版声優を務めることがわかった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「キング・オブ・エジプト」は、アレックス・プロヤスが監督を務める“体感型アトラクションムービー”。王座をかけた争いが勃発している古代エジプトを舞台に、奪われた恋人を救うために立ち上がった盗賊ベックの活躍が描かれる。今年6月には、玉森裕太(Kis-My-Ft2)が主人公・ベック、永野芽郁が恋人・ザヤの声を担当することが発表されていた。

おかずクラブが演じるのは巨大コブラを操る双子の美女。暴君・セトの手下であり、ベックを付け狙う役どころだ。ゆいPは「戦闘シーンはかなり気合いを入れて挑みました。想像以上に難しかったですが、きっとハリウッドの人たちも満足の出来になったと思います」、オカリナは「喉が枯れるほど熱演しました。セクシーな声を楽しんでほしいです。ハリウッドデビューも近いと思います」と冗談交じりにコメントしている。

なお、おかずクラブの声優抜擢は本日8月6日放送の「王様のブランチ」(TBS)にて明かされた。番組では彼女たちのほか、LiLiCoが同作に吹き替えで参加することも発表されている。

最終更新:8月6日(土)12時0分

お笑いナタリー