ここから本文です

【開会式】スーパーモデルのジゼル・ブンチェン参加「引退表明」

東スポWeb 8月6日(土)9時45分配信

 開会式アトラクションの中盤、ボサノバの大家アントニオ・カルロス・ジョビンの名曲「イバネマの娘」が流れる中、ブラジルが誇る世界的スーパーモデルのジゼル・ブンチェン(36)が場内を華麗にウォーク。

 一部報道では「強盗に襲われ、警官が強盗を逮捕」と事前にストーリーが報じられたが、ジゼルは故ジョビンの写真パネルに向かって悠々と歩き、投げキスをして終わった。56億円を稼ぐ最高級のモデルと言われるジゼルは昨年、ショーからの引退を表明。この開会式が最後の“ランウェー”となった。

 アメリカンフットボール・NFLで最高レベルのQBとされるトム・ブレイディ(39=ペイトリオッツ)が夫で、日本のネット上では「ブレイディの妻すごい」と感嘆の声も流れた。

最終更新:8月6日(土)9時59分

東スポWeb