ここから本文です

とどけ!! ロケット機体に標記するメッセージを募集中

レスポンス 8月6日(土)14時45分配信

肝付町と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、イプシロンロケット2号機(強化型)に標記するメッセージを公募すると発表した。

JAXAでは、2016年度に鹿児島県肝属郡肝付町の内之浦宇宙空間観測所からイプシロンロケット2号機(強化型)を打ち上げる予定。イプシロンロケット2号機(強化型)は、2013年9月14日に打ち上げたイプシロンロケット試験機より、打ち上げ能力向上や衛星搭載エリアの拡大など性能を向上している。

肝付町とJAXAは、一般からメッセージや打ち上げ応援メッセージを募り、それを小さく文字列化し、デザインの一部としてイプシロンロケット2号機(強化型)の機体に標記する計画。

公募を通じて、新たな挑戦を行うために開発しているイプシロンロケット2号機(強化型)への理解を深めてもらうとともに、鹿児島県肝属郡肝付町から打ち上げられることを広く知ってもらうためとしている。

メッセージの募集期間は8月3日から9月2日まで。メッセージは全角文字(日本語)、半角文字(英数字)ともに20文字まで。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月6日(土)14時45分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。